田舎で働き隊! 「グラウンドワーク農楽校」研修生の募集 グラウンドワークロゴ
 ●特定非営利活動法人グラウンドワーク西鬼怒(栃木県宇都宮市)
受入団体の活動の概要
  • 栃木県河内町(現宇都宮市)において農村自然環境整備総合事業の導入を契機に、環境と共生した農村づくりを推進する。
  • 農村公園の活用・維持管理活動、田んぼの学校やフクロウ米プロジェクトなどの農村自然環境を活かした活動、生態系に配慮した農地の保全活動など、都市近郊農村の環境を活用した多様な活動に取り組む。
実施する研修の概要
農村環境の保全再生をとおした地域づくりのための作業を体験学習するとともに、農村での持続的な地域づくりを担うNPOの活動体験をとおして、農村地域の多様な主体の連携のあり方について考えます。
  • 生態系に配慮した農地(農村)環境の保全活動の体験。
  • 生態系に配慮したブランド米「フクロウ米プロジェクト」での農作業体験。
  • 地域資源を活かして農村の活性化に取り組む地域づくり活動の体験。
  • 農村公園を活かした環境改善活動や地域の農業関係者が取り組むさまざまな地域づくり活動のコーディネイターとして、GW活動センターの運営補助を行う。
研修の日程
H21.03.19(木)~H21.03.22(日) (4日間)
工程 月日 午 前 午 後 宿 泊
1日 3/19 オリエンテーション
里山保全活動
里山保全活動 (各自)
2日 3/20 地域づくり活動
(白沢宿周辺)
地域づくり活動
(白沢宿周辺)
(各自)
3日 3/21 谷津田農作業体験
(逆面地区)
谷津田農作業体験
(逆面地区)
(各自)
4日 3/22 農村環境保全活動
(西下ケ橋地区谷川)
農村環境保全活動
(西下ケ橋地区谷川)
まとめワークショップ
(各自)
※体験実習とともに、講義形式の研修が適宜行われます。
※地方自治体(宇都宮市)と連携した農業農村学習プログラムを実施します。
特記事項
  • パートナーシップ団体:宇都宮市(河内地域自治センター)、NPO法人エコネットかわち、里山楽しみ隊、逆面エコ・アグリの里、河内ふる里づくり協議会など
 ■お問い合わせ先
  財団法人日本グラウンドワーク協会(担当:松下、津島) 東京都中央区日本橋人形町3-7-3
  TEL 03-5645-8539  Fax03-5645-8543  Email gw-kikaku@groundwork.or.jp
※本事業は平成20年度第2号補正予算に基づいて行われたものであるため、予算の成立及び関連法案の 成立により、実施スケジュール等に変更が生じる場合もありますので、ご留意ください。